中道右派なBlog

創価学会、朝鮮総連等の実態を暴く?Blogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

新脱亜論 渡辺 利夫 (著)

新脱亜論
新脱亜論 (文春新書 (634))


 韓国がまた竹島・独島問題の反日で大騒ぎしている。中国ではついにオリンピックだ。これらアジアの隣人との付き合いは実に面倒で難しい。その際。いつも考えさせられるのは「日本は果たしてアジアなのか?」だ。近代化先輩の日本にとって、アジアはどこか心地よいロマンティシズムと実利の対象であると同時に、引き込まれて足が抜けなくなる危険な相手でもある。本書はその面倒な相手との付き合い方のノウハウを教えてくれる。

黒田勝弘 SAPIO 2008/9/3号より

 かつて「文明の生態史観」で知られる梅棹忠夫は「日本が大陸アジアと付き合ってろくなことはない、というのが私の今日の話の結論です。」と断言したという。本書は日本の現近代史を「再編集」した結果、海洋国家である英米との関係が良好な時代が幸福で、逆に大陸国家の中国、朝鮮に深入りした時期は不幸だったとの結論を導き出す。東アジア共同体構想を退けるなど時務論を展開する一方、本書は優れた日本文明論でもある。

八木秀次 SAPIO (サピオ) 2008年 9/3号 [雑誌]より


新脱亜論 渡辺 利夫 (著)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/08/14(木) 11:07:51|
  2. おすすめ書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
<< いまこそ国益を問え―論戦2008 櫻井 よしこ (著) | ホーム | 台湾問題は日本問題 岡崎 久彦 (著) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
※管理人が不適切と判断したコメントは反映されない場合があります。ご了承ください。コメントは承認後表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asgijp.blog104.fc2.com/tb.php/213-27f5e956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
gooリサーチモニターに登録!

プロフィール


このページは、_S_が投稿した記事を掲載しているBlogです。


↓可能なら1票お願いします。


mixiGREEtwitterもやってます。

コンテンツ

反原発デモに
参加している
団体リスト



ぼくらの祖国(青山 繁晴)



民主党に投票した国民の責任は重い




ワカモノを応援する政策×ナイツ -創価学会・公明党応援動画-
ワカモノを応援する政策×ナイツ
-創価学会・公明党応援動画-

カテゴリー

おすすめ書籍


カレンダー

<< 04 | 2017/05 | 06 >>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログパーツ

RSSフィード

QRコード 携帯サイト

QRコード

FC2カウンター

創価学会 タレント 芸能人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。