中道右派なBlog

創価学会、朝鮮総連等の実態を暴く?Blogです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. | Twitterでつぶやくでつぶやく

テポドンを迎撃し、日本の防衛能力を北朝鮮に突きつけろ


 北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の改良型を日本に向けて発射すれば、ミサイル防衛(MD)システムで迎撃する検討を防衛省が始めたことが26日、分かった。迎撃するのはイージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)で、導入から初の運用となる。ただ、迎撃は重大な政治決断を伴うため、首相官邸などと慎重に調整を進める。

 政府は平成15年、米国が開発したMDシステムの導入を決定した。MDによる対処は2段構えで、まず海上自衛隊のイージス艦がSM3で大気圏外で弾道ミサイルを撃ち落とし、失敗した場合は航空自衛隊が地上で運用するPAC3で迎撃する。

 海自はSM3を搭載したイージス艦として19年度に「こんごう」、20年度に「ちょうかい」を配備。空自も19年3月に入間基地(埼玉県)へPAC3を配備したのを皮切りに、昨年3月までに首都圏の4カ所に配備を終え、26日には岐阜基地にも配備した。

 こんごうは19年12月に米ハワイ沖で発射試験に成功したが、ちょうかいは昨年11月、より難易度の高い試験に失敗。空自は昨年9月、米ニューメキシコ州でPAC3の初の発射試験を行い、模擬ミサイルの迎撃に成功している。

 北朝鮮が18年7月にテポドン2号を含む弾道ミサイル7発を発射した際、自衛隊は迎撃システムを備えていなかった。こんごうとちょうかいの2隻も日本海と太平洋側に展開したものの、弾道ミサイルの探知・追尾だけが任務だった。

 テポドン2号改良型の迎撃に踏み切る場合、MDシステム導入で自衛隊法に新たに規定した「弾道ミサイル等に対する破壊措置」を初適用することになる。

 破壊措置には、(1)燃料注入など発射の兆候がある場合、防衛相が首相の承認を得て自衛隊の部隊に迎撃を命令(2)明確な兆候はないものの、ミサイル実験などへの警戒が必要な際、防衛相はイージス艦などを展開させておき、あらかじめ作成された「緊急対処要領」に沿って迎撃する-の2つの運用方式がある。

 北朝鮮は24日、実験通信衛星「光明星2号」の打ち上げ準備を行っているとの談話を発表。人工衛星発射を“隠れみの”にテポドン2号改良型を発射してくる可能性が高いため、迎撃に向けた政治決断とともに、どちらの運用方式で迎撃を命じるかも今後の政府内の調整の焦点となる。

テポドン迎撃を検討 防衛省、MDシステム初実戦

前回、北朝鮮が日本を恫喝するためにテポドンを発射したが、その時日本には対抗する能力がなかった
この記事にもあるが、ただ追尾していただけである

しかし、今回はMDシステムが初期段階ながら配備され、十分に迎撃できる可能性がある
MDシステムを搭載したこんごう、ちょうかいのイージス艦はミサイル迎撃試験も行っており能力は十分にある
各一隻ごとで迎撃に失敗するのなら、2隻を用い迎撃が成功するまでミサイルを発射しつづければいいだけだ

今回のテポドン2号の発射は、アメリカではなく日本を恫喝するために行われているとみられている
テポドン2号の迎撃を行えば、日本が国民を守るために戦争を行う覚悟があることを世界に示すこともできるし、北朝鮮の日本攻撃用ミサイル ノドン(150-200基配備)の脅威を押し下げることもできる
また、精度の低い北朝鮮のミサイルはどこに落ちてくるかわからず、北朝鮮が公海に向かって発射したとしても日本の領土、領海、排他的経済水域内に着弾する可能性がある
領土内に着弾すれば膨大な被害を被ることはお分かりいただけると思うが、領海や排他的経済水域内に着弾した場合でもミサイルに大量に使用されている有毒物質によって漁業被害が発生する可能性もある

以上の事柄を総合的に判断すればテポドン2号を迎撃することが、日本の国益に最も適っているのだと小生は主張しておく

このブログを見ている国会議員がいるのなら、麻生総理に助言を与えてほしい
国を守ることは経済を守ることにもなるのだ
国防もまともにできない国に他国は信用を置かない、そのあたりを十分に考慮してほしいと


南北朝鮮(北朝鮮・韓国)に関する動画



在日韓国・朝鮮人に関する動画

キーワード:テポドン 迎撃、テポドン2号 迎撃、北朝鮮 テポドン 迎撃、北朝鮮 テポドン2号 迎撃、海上自衛隊 テポドン 迎撃、海上自衛隊 テポドン2号 迎撃、海上自衛隊 北朝鮮 テポドン 迎撃、海上自衛隊 北朝鮮 テポドン2号 迎撃、自衛隊 テポドン 迎撃、自衛隊 テポドン2号 迎撃、自衛隊 北朝鮮 テポドン 迎撃、自衛隊 北朝鮮 テポドン2号 迎撃、イージス艦 テポドン 迎撃、イージス艦 テポドン2号 迎撃、イージス艦 北朝鮮 テポドン 迎撃、イージス艦 北朝鮮 テポドン2号 迎撃、ミサイル防衛システム テポドン 迎撃、ミサイル防衛システム テポドン2号 迎撃、ミサイル防衛システム 北朝鮮 テポドン 迎撃、ミサイル防衛システム北朝鮮 テポドン2号 迎撃




※この記事に載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当記事に載せている画像、文章等はあくまで研究目的の引用であり、著作権・複製権・翻訳権その他権利を侵害するものではありません。
報道・批評・研究目的の引用については著作権法第32条において保護されております。

キーワード:テポドン 迎撃、テポドン2号 迎撃、北朝鮮 テポドン 迎撃、北朝鮮 テポドン2号 迎撃、海上自衛隊 テポドン 迎撃、海上自衛隊 テポドン2号 迎撃、海上自衛隊 北朝鮮 テポドン 迎撃、海上自衛隊 北朝鮮 テポドン2号 迎撃、自衛隊 テポドン 迎撃、自衛隊 テポドン2号 迎撃、自衛隊 北朝鮮 テポドン 迎撃、自衛隊 北朝鮮 テポドン2号 迎撃、イージス艦 テポドン 迎撃、イージス艦 テポドン2号 迎撃、イージス艦 北朝鮮 テポドン 迎撃、イージス艦 北朝鮮 テポドン2号 迎撃、ミサイル防衛システム テポドン 迎撃、ミサイル防衛システム テポドン2号 迎撃、ミサイル防衛システム 北朝鮮 テポドン 迎撃、ミサイル防衛システム北朝鮮 テポドン2号 迎撃

テポドンを迎撃し、日本の防衛能力を北朝鮮に突きつけろ

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/02/27(金) 10:17:50|
  2. 南北朝鮮(北朝鮮・韓国)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
  5. | Twitterでつぶやくでつぶやく
<< 日本は京都議定書を破棄せよ | ホーム | 東興貿易を断固糾弾する >>

コメント

偏向報道

はじめまして。
私は、日本のメディアの在り方に疑問を持っています。

現在、偏向報道に対する署名活動を、オンライン署名サイト「署名TV」で行っています。

何しろ認知度が低いので出来るだけ広めたいです。

是非ご協力くださいm(__)m
  1. 2009/02/28(土) 01:37:54 |
  2. URL |
  3. maria #btrWeUVs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
※管理人が不適切と判断したコメントは反映されない場合があります。ご了承ください。コメントは承認後表示されます。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://asgijp.blog104.fc2.com/tb.php/306-303d3794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
gooリサーチモニターに登録!

プロフィール


このページは、_S_が投稿した記事を掲載しているBlogです。


↓可能なら1票お願いします。


mixiGREEtwitterもやってます。

コンテンツ

反原発デモに
参加している
団体リスト



ぼくらの祖国(青山 繁晴)



民主党に投票した国民の責任は重い




ワカモノを応援する政策×ナイツ -創価学会・公明党応援動画-
ワカモノを応援する政策×ナイツ
-創価学会・公明党応援動画-

カテゴリー

おすすめ書籍


カレンダー

<< 08 | 2017/09 | 10 >>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログパーツ

RSSフィード

QRコード 携帯サイト

QRコード

FC2カウンター

創価学会 タレント 芸能人

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。